中学生の頃から不整脈があり、たぶんストレスが影響しています

中学生の健康診断で心臓の動きに異常があると診断されたことがあります。

 

 

 

自分では特別に何か困ったことはなく、症状もなかったです。

 

 

 

ただし、たしかにたまに脈が飛んでいるのを感じたことはあります。

 

不整脈の治療は自宅で!安全な不整脈はサプリで原因改善、薬不要!

 

先天的な要素もあるでしょうが、精神的な部分が非常に影響しています。

 

 

 

ストレス耐性が弱い方なので、ストレスが溜まると不整脈になっている感覚があります。

 

不整脈が激減したサプリメント体験レポート。ニンニク、生姜にDHA

 

急にフラフラしたりして立ちくらみがする時などは、大抵の場合、脈の打ち方がおかしいです。

 

 

 

ストレス解消が一番なので、普段から極力、ストレスを溜めないことと、ストレス解消の為に大好きなスポーツをしています。

 

 

 

中学生の頃から数えて30年以上が経ちますが、定期健康診断では、心臓の左房の動きがおかしいと診断結果が出ています。

 

 

 

日常生活や適度な運動であれば、特に問題はないです。

 

 

 

何よりも不規則な生活をすることが一番ストレスを溜める原因になるので、早寝・早起きを心掛けて生活しています。

 

 

 

ストレスを溜めるのは性格も関係しているので、自分の意見を出すように意識してたりもしてます。

 

 

 

黙ってると、知らず知らずの内にストレスを溜めこんでいることがあります。

 

 

 

相手に言えない時は、誰にも聞かれない場所で大声を出すなどして発散しています。